何年か前、主人が転勤のために – 街ナカで球根をアイテムカードに取り入れる方法論を試す
 

何年か前、主人が転勤のために

| Posted in 未分類

何年か前、主人が転勤のために引越しをするという話になりました。

主人も私も実家生活で、引越すという経験がありません。未経験ながら、なるべく安くすませたいと私たちが梱包しました。

段ボールとガムテープは、業者が用意してくれたものを使ったのですが、他に必要なものは、新聞紙でした。

割れ物の包み用、緩衝材として使って便利なものでした。姉は居住しているアパートから実家である我が家に引っ越してくることになりました。移り住むため、私と母が、移動の前日に引越のための作業の手伝いに行きました。
10年住んでいた部屋に見合うだけ、不用品の数がめっそうもない事になっていました。

不用品を買ってもらってしまうと、軽トラの荷台50%ほどになり、あまり苦労せず引越が完了しました。

引越し業者で有名なところは、いろいろとございます。
誰でも一度は耳にした事のあるメジャーな運送会社として日本通運なんかが中でもとくに有名だと思います。

そんな日本通運は、日通と言われることもありますね。日通というのは引越しだけでなく、古美術品も輸送でも有名で、業界シェアナンバーワンの会社です。そう聞くとなんとなくですが引越しの荷物も慎重に扱ってくれそうですね。この頃ではもう、一般的な話ではなくなってきてしまいましたが、引っ越しをすると、家族やあるいはお手伝いの人たちと、みんなでソバをたぐる、といった習慣がかつてはあったのです。由来を見てみますと、ソバということで「細く長く」お付き合いをという、願いが込められていますし、ソバに越してきましたので、よろしくなどとダシャレも込めつつ引っ越し先のご近所に配ったとされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。
我が家が埼玉県から東京で住むことになった時、パソコンを荷物に入れて荷造りするかどうか迷いました。自分たちには車があったので、旦那が細かい荷物とか必需品と同じくパソコンものせて新宿に持っていくこととなりました。

PCは目いっぱい梱包しても、万が一、誰かが作動させたら、個人情報があふれているので、すごく心配だったからです。

引越しの荷造りは、かなりの手間です。片付けは慌てなくてもよいですが、準備は引っ越しするその日までに終わらせておくべきです。自分は不精で、いつ準備を始めようかと考えてはみるものの、結局ギリギリになってあたふたと準備する性格です。国から支給されるお金で生活していますが、市営の賃貸から一般の賃貸へ移転する事にしました。

年齢があがると、エレベーターのある建物がいいです。また、ホームペルパーの訪問等が来てくれるお家に住みたいという夢もあります。

出来るだけ坊には、我慢させたくありません。

私たち一家が新居に引っ越したときは、子供はちょうど1歳でした。話すことはできなくても今までの環境と違うことは感じているもので戸惑いながら少しずつ慣れていったのがわかりました。

いつの間にか増えていた子供のものも、使わなくなったおもちゃなどを整理しました。仕分け作業のときに母子手帳の今までのところを読んでみたんですが、それほど昔のことではないのに、ずいぶん懐かしく感じました。

引越し終えると、必ずくるのが、新聞屋とNHKじゃないですか?まるで引越しを、のぞき見していたかのように機敏な対応です。近頃は、PCが当たり前で、だいぶ、昔よりは断りやすいと思います。ニュースはネットで見れますから、テレビがつながっていなくてもぎこちなくありません。

だから、NHKの受信料は払う必要はありません。イーモバイルを使っていて知らぬ間にワイモバイルになってました。けれど、ワイモバイルになってから、ソフトバンクのwifiスポットができる様になりました。使った印象としては、ワイモバイルにしてからの方がともすればいいかもしれません。
通話をほとんど使わず、パソコン中心に使っている方にはレコメンドできます。フレッツwi-fiが接続できない場合は、一回すべての装置の電源をOFFにして最初から接続をもう一度してみると良いかもしれません。
そうしてみても接続できない場合には初期設定を洗いざらい見直してみます。カスタマーサービスに問い合わせしてみると丁寧に教えてくれますが、電話があまり繋がらないのが悩みです。
よく知られているように、引っ越しの総費用というのはかなり高額になってしまうことが多いです。あまり無駄な費用をかけたくないのであれば、業者の選択についてもなるべくしっかり考えた方が良いようです。

引っ越し業者の料金は、移動距離や荷物の総重量が同じ場合であってさえ各業者ごとに金額の違いが出てきます。

引っ越し料金一括見積サイトの存在が、業者ごとの料金を知りたい時には役に立ちそうです。利用方法は簡単です。サイトから引っ越し先など、見積もりに必要な情報を書き込んで一括見積もりを申し込みますと各社がそれぞれの見積もりを提示してくれますので、金額を簡単に比較検討できて忙しい時でも手間がかからないので、大変便利です。

引っ越しの荷物が全て積み込まれるのに、時間がどれくらいかかるかは毎回同じ、という訳にはいきません。

部屋の階数、荷物の個数、更に、作業をする人員の数などによってぜんぜん変わってしまいます。そのことを踏まえ、かなりざっくり言うなら、一番短時間で済むのは、荷物の少ない単身者の場合で、これが30分程、相当荷物の多い、家族の引っ越しであれば大方2時間ちょっとで、だいたい普通の一般家庭の引っ越しなら、これらの範囲内で済むようです。

新たな住居と、引っ越しの日取りが決まったところで、おおざっぱで構いませんので、引っ越し準備をいつからどうやって開始し、引っ越しの日をどんな状態で迎えるか、というプランを立てましょう。

一般に、準備のスタートが早すぎると普通の生活を送る上で、困ることになるかもしれませんし、ゆっくりのんびりし過ぎると予定に間に合わなくなることも考えられます。やり方としては、今現在使っていない衣類や、本などといったものからまず少しずつ荷造りしていくとうまくいくでしょう。

荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、運び出すまでに時間がかかってしまったというケースもあるそうです。準備のためには、前日までに冷蔵庫内のものを出しておき、その後、スイッチを切って水滴貯めパレットにじわじわと貯まった水を捨てておくと準備は完璧です。当然ながら、生ものや氷は、前日までに食べきれるようにして、冷蔵庫で保管するものは買わないようにして少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。
ベッドを引越しする方法