月々の返済がつらくなって債務整理という – 街ナカで球根をアイテムカードに取り入れる方法論を試す
 

月々の返済がつらくなって債務整理という

| Posted in 未分類

月々の返済がつらくなって債務整理という手段を選んだものの、逆に支払いが増えたという話も時々聞こえてきます。いわゆる悪徳商法的な弁護士(司法書士)事務所に騙されたというケースです。

一例を挙げると、任意整理で債務が200万から170万円になり、差し引き30万の減額に対し、50万もの依頼料をとるというのは、おかしな話です。

たちの悪い業者にひっかからないように、金銭面については初めに必ず確認しておくにこしたことはありません。

債務整理に必要となるお金は、方法によっても大きく違ってきます。
任意整理の場合であれば、会社の数に応じて安めの料金で利用することができる方法もあるものの、自己破産みたいに、かなりの高額費用を必要とする方法もあるのです。自ら出費を計算することも大切な事です。

自己破産、民事再生、任意整理は全て債務整理とは言うものの何がメリットか一つ一つ異なります。

まず自己破産は全借金の返済から解放され白紙のところから出直せます。民事再生であれば住宅ローンを除く借金の元金を圧縮することができ、家などの資産については残ったままです。

任意整理ならば債権者との交渉次第で月にいくらずつ返済するかが決まり、それだけでなく取引時の利率や期間次第では払い過ぎていた分のお金の還付もありえます。
いくつも債務を抱え込んで、支払いの目途が立たないという時こそ行われるのが債務整理でしょう。基本的には利息の減免や支払い計画の見直しといった便宜を図ってもらいたい債務者が債権者に対して相談を要望する事になります。ところが、プロを相手取るわけですから、知識を持たない債務者一人で交渉を上手く運ぶことは極めて困難です。弁護士など専門知識を持つ人に取り持ってもらうことが多いです。今ある車はそのままに債務整理をしたいと思っているのなら、車のローンは継続して払い続けて、車の処分をされない方法で債務整理を行いましょう。

ですが、持ち続けることに許可が下りるかについては、生活の中でどれだけ車が必要になっているかで判断が異なるため、一概には言えません。車の所有が趣味の範囲に収まるというケースでは、所有を認められない可能性も高いので、専門家に状況を説明し、なぜ車を手放せないのかという点について説得するのも良いでしょう。

借金で手続きに困ったとき頼るところは、弁護士や司法書士に引き受けてもらえる法律事務所になるでしょう。債務整理を頼むなら弁護士でも司法書士でもかまわないのですが、司法書士の場合、任意整理や過払い金請求にあたっては140万円を超える合計額では引き受けることができないという条件が課せられています。まず間違いなく140万円を割るということならどちらでも結構ですが、額が大きくなることも否定できないとすれば弁護士を選んでおいた方が確実です。

もし、債務整理で借金を整理しようとした場合、無事に解決するまで、どれくらいの時間を必要とするのでしょうか。

債務整理の方法は様々なので、選んだ方法の違いで全てが終わるまでの日数が異なります。ですが、どのような方法を取った場合でも、絶対に3か月は必要になります。もちろん、借り入れ先の数が増えるほど必要な時間も増えてしまいますから、1年近くかかるケースや、場合によってはそれ以上の時間が必要になることもあります。

借金を任意整理すると連帯保証人を困らせてしまうということを知っていますか。
自分が支払わなくても済むという事は連帯保証人が肩代わりして支払うという事になるわけです。
なので、その事をしっかり覚えておいて任意整理をするべきだと考えますね。

もし任意整理で債務整理をしようと考えているなら、債権者が交渉に応じないというケースもありえます。

司法の手が入らない任意整理は、当事者同士の交渉により合意された返済額や期間に基づいて返済をしていく方法です。関与する司法がないという事は、交渉を拒否しても法的に債権者は何の問題も無いのです。よって、例えば返済歴がない等、極度に債権者にとって不都合な状況下では決着できないかもしれません。誤解している方が多いので説明しますが、自己破産をすると、手続きを開始した日を起点に免責決定が下りるまでの間は職業や就業に支障が出ることがあります。保険募集員、不動産屋(宅建取引主任者)、質屋、警備員など職業は多岐にわたります。

これらの職種についている人は、裁判所に自己破産の申し立てを行った時から免責決定までの期間中は当該職種で働くことは禁じられています。ただし、自己破産以外の債務整理の場合は、こういった制限はないですし、通常は職場に知られることもありません。