状況は人それぞれですから、債務整理をするべき – 街ナカで球根をアイテムカードに取り入れる方法論を試す
 

状況は人それぞれですから、債務整理をするべき

| Posted in 未分類

状況は人それぞれですから、債務整理をするべきか、それとも多重債務を一本化するおまとめローンをするべきかは一概には言えません。前者の場合、将来利息を付けずに返済していくことができるので、支払が必要な総額を少なくできますが、信用情報に傷がつくことで新たな借金はそれが回復するまで無理というデメリットが考えられます。

後者では利息の低い所を選ぶことができれば多少は支払い総額を減らせるでしょうが、債務整理には引けをとります。

ですが、しっかり返済できるなら信用情報への傷は心配無用です。
月々の返済が大変な時に起こすアクションというポイントは重なりますが、任意売却は不動産を購入したもののローンの返済に追い込まれた場合にその不動産を売って売却金を返済に回す事です。
他方、債務整理は返済できなくなった借金を相応の方法で整理して、完済につなげる事です。場合によっては不動産ローンと借金どちらも支払えなくなるケースもあるかもしれませんが、その際は任意売却と債務整理をどちらも行う必要があります。債務整理を弁護士に依頼するとなると、料金がかかりますが、依頼したい弁護士事務所に問い合わせるか、ホームページを見れば、必要な費用のイメージがつかめるでしょう。特別な事情がある場合は追加料金が発生することもありますが、よほどの事がなければ、掲載されている料金で債務整理を依頼することが可能です。

各弁護士事務所によって、料金体系や説明も変わるので、親身になってくれる弁護士事務所を見付けてください。債務整理の中でも、自己破産、民事再生、任意整理は何がメリットか一つ一つ異なります。
自己破産なら借金を一切返済する必要がなくなり白紙のところから出直せます。

第二に民事再生は借金(ただし住宅ローンは除く)の元金が圧縮され、家といった資産は保持できます。最後に任意整理は債権者と交渉することで毎月の返済額が取り決められ、他にもその取引利率や借金の期間によっては過払い金を取り戻せることがあります。混同している人も多いので説明しますと、弁護士以外に、司法書士でも債務整理は可能です。

ただし、個別の債権額が140万円以下と定められています。
これから交渉開始というときに遅延損害金等を含めた額が140万円を超えてしまうと、依頼を受けた司法書士でも交渉を手がけることはできなくなります。

そもそも計算が出来ていれば回避できる問題ですし、司法書士を通じて債務整理の手続きをするのなら債務額の把握というのが不可欠です。一口に債務整理といっても3通りあり、周囲に知られにくい任意整理、大幅減額の可能性がある個人再生、借金が免責になる自己破産があります。

どれが一番良いかはさておき、任意整理と個人再生では、本人に収入がなければ選択することはできません。

というのは、それらは借金の帳消しではなく「減額」を求めるものであり、どちらも返済しなければならない借金は残っています。返済を滞りなく行うために、「収入がある」というのは外せない条件なのです。手持ちの現金がなくても買い物ができるクレジットカードは便利ですが、高額の買い物が増えると借金地獄に陥る可能性があります。そのような時には債務整理をすれば、増え過ぎた利息や元本を減らしたり、残った債務を分割して支払っていくことができます。
ただ、当然ながら債務整理をすればカードの利用ができなくなりますし、場合によっては、カードで買ったものがクレジット会社に引き上げられることも考えられます。

もし、借金を債務整理で処分したのなら、その後しばらくは、キャッシングの審査をパスすることが不可能になります。

このブラック状態の期間ですが、どのような債務整理を行うかによって違います。でも、収入が安定していて、継続して今の勤務先に勤め続けているのなら、審査基準が甘い一部の消費者金融ならば、問題なく審査をパスできるかもしれません。どの債務整理を行ったかによって借入ができる可能性が異なりますが、任意整理が最も高く、次が個人再生、最後が自己破産になります。

期日通りの返済ができないと、債権者から翌日に確認があります。

その際、いつ支払うかを約束すれば、相手から二度と連絡が来ることはないはずです。けれども、もしその期日に約束を果たさないと、また借入先から督促の連絡が入るようになり、やがて訴訟に発展する可能性もあります。失業や病気で支払い能力がないなど、いつまでも支払いの見込みが立たない時は、弁護士等に債務整理を依頼すれば、返済猶予の期間ができますし、取立てもなくなります。

自己破産は特に資産がない人では、簡単な手続きですみますが、弁護士にお願いしないと自力で手続きをするのはかなり困難です。自己破産に必要な費用は平均すると、総額20?80万円ほどと高いですが、このお金は借金でまかなえないので、きちんと手元にある状態で相談してください。